ヒゲ脱毛で起こる副作用

ヒゲが濃くて、朝きれいに剃ったつもりでも昼過ぎには口の周りやあごが青くなってきてしまう人や肌が弱くてカミソリ負けをしてしまう人、つるつるで好感度の高い口回りになりたい人などに人気のヒゲ脱毛は、最近大変注目されており、濃さを調整して、お手入れしやすく、カミソリ負けを起こしにくくしたりする人が増えてきています。

21

ヒゲ脱毛では、毛が生えている部分に、黒い色に反応して熱に変わる特殊な光を当てることで、毛根に密集している黒いメラニン色素と光を反応させて熱を発生させ、熱で毛根にダメージを与える光脱毛を行うことが一般的です。ダメージを受けた毛根から生えてくる毛は、回数を重ねるごとに、細く、柔らかくなっていったり、生えにくくなったりしていくため、濃さを感じさせないヒゲになることができたり、優しい力でも剃りやすくカミソリ負けしにくい柔らかい毛に変えることができます。

ヒゲ脱毛に使う光は、女性のエステでよく使われるフォトフェイシャルと同じ種類の光なので、安全性が高く、肌に悪影響を与える事がないため、副作用はありません。毛根にメラニン色素がたくさんある太い毛の時には、施術時に痛みがあることがありますが、肌を冷やすなどの対応をすることで、痛みを軽減することができます。

また、最新式の脱毛器は、痛みが少ないように考えられているため、以前よりも痛みが少なく脱毛することができるようになってきています。ヒゲ脱毛では、ヒゲの濃さや濃い部分と薄い部分のデザインなどを希望することができます。毛がない方が良い部分と、合った方が良い部分の照射の強さや回数を変えることで、自分の好みのデザインにすることができるため、ヒゲがなくなるのは嫌だけれども、お手入れを楽にしたい人や部分的に残してかっこよく決めながら毛がいらない部分はつるつるにしたい人など、多くの人が施術を受けるようになってきており、大変流行しています。副作用がなく、安心して施術を受けることができるところも選ばれるポイントです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ