医療機関でできるヒゲ脱毛

ヒゲが濃くて悩んでいる男性は少なくありません。毎朝剃っても夕方にはうっすら生えてくるヒゲはお手入れがたいへんですし、なにより剃り跡が青々と目立ってしまうのでとても気になりますね。カミソリを使って自己処理を繰り返していると、カミソリの刃で付いた小さな傷から雑菌が入りこみ、炎症を引き起こして肌がデコボコになってしまう危険性があります。


1788350_1437659534

ヒゲの自己処理に限界を感じたら病院やクリニックなど医療機関で行う脱毛がたいへんおすすめです。医療機関でできるヒゲ脱毛には、医療用のレーザーを使った医療レーザー脱毛と医療用のハリを使ったニードル脱毛があります。医療レーザー脱毛は、レーザーをヒゲに照射することで、毛を作り出す働きをする毛母細胞にダメージを与える方法で、一度に広い範囲の施術な可能なために、施術にかかる時間が短くて済みますし、痛みも輪ゴムでパチンとはじかれたような痛みで十分我慢ができる範囲だと言われています。レーザーが毛の黒色メラニン色素にしか反応しないために周辺の皮膚には影響を及ぼさないので、安全性が非常に高いことでも知られています。

ニードル脱毛は、毛穴にハリを刺して微電流を流して毛母細胞を焼き切る方法で、毛の一本一本を目でしっかりと確認しながら施術を行うので脱毛効果が非常に高いことで知られていますが、ハリを刺すときと電流を流す際に、とても強い痛みが生じるために我慢ができずに途中でやめてしまう人もいるほどです。また一本ずつ処理していくので、たいへん時間がかかりその分費用が高額になってしまいます。しかし、効果が確実なので本気でヒゲをなくしたい方にはたいへんおすすめです。

繊細なデザインにも対応できるので、ヒゲの広い部分はレーザーで行い、狭いところはニードルで行うなど、併用すると効果的ですね。
毎日のヒゲの処理で困っている人は、医療機関で脱毛をして、お手入れの煩わしさから永遠に解放されましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ