ヒゲ脱毛を終えるまでにかかる回数

ヒゲ脱毛を行う際にはまずは施術する医師や施術者と納得がいくまでカウンセリングをすることになります。少しだけヒゲを残すのかすべてを根こそぎ処理するのかを決めた後、テスト照射して問題がなければ本番の施術となり、選んだ施術法を受けることになります。

21

ヒゲ脱毛の場合、ニードル脱毛やレーザーによる医療脱毛、それ以外ではサロンやエステで行なわれることの多い光脱毛があります。ニードル脱毛とは毛穴に専用の針を差し込んで電気を流して毛母細胞を腐食させる方法で、かなりの痛みを伴う施術ですから現在はあまり主流の脱毛法とはいえません。

レーザー脱毛や光脱毛は現在多くの施設で行われている施術で、ヒゲだけでなく体のすべての部位を処理することができますが、レーザーに関しては高出力のエネルギーを毛母細胞に照射して施術を行うため、医療行為となってしまいます。ですので医師のいるクリニックや美容外科などでしか施術を受けることはできず、エステやサロンでは光脱毛のみとなります。

そしてどちらの施術を行うにしても一度だけの施術で完全に毛が除去されることはなく、ある程度の回数をこなさなければなりません。ヒゲの場合腕や足、その他の部位よりも面積が小さいので短い回数で済みそうなものですが、毛には成長サイクルというものがあり、今生えている毛だけではなく肌の下で成長するために準備している毛もありますから、一度施術をした後にそれが生えてくるまで待たなければなりません。

目に見えているヒゲというのは全体の2~3割程度とも言われており、毛量を少なくしたり毛の濃さを薄くするような施術ではなくツルツルの肌を求めている場合ではかなりの時間と施術回数が必要となります。ただし個人差はあり、5~6回でかなり効果があらわれる方もいれば10回以上施術を行っても生えてくる毛が目立つ方もいます。しかし施術を続けていくと薄くなっていることは確実で、根気強く施術を行えばすべての方がツルツルの肌を実感することができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ